妊娠中の光脱毛

よく、妊娠中の光脱毛は避けるように言われていますよね。
基本的に、光脱毛は、妊娠中には禁止されています。
しかし、光脱毛が、直接おなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはほとんどないようです。
妊娠中にはホルモンバランスが変化しやすく、光脱毛によって肌トラブルなどを起こさないようにするためなのです。
光脱毛の他にも、妊娠中はヘアサロンでのパーマも断られることもありますよね。
妊娠によって、女性ホルモンの分泌が盛んになり、それに伴って身体も変わってくると言われています。
中には、体質や肌質が変わるという女性もいるほどです。
妊娠前にずっと使っていた化粧品やシャンプーが合わなくなって、肌荒れなどを起こしてしまうケースがよくあります。
これとは反対に、妊娠中に肌の調子がよくなる人もいるようですが、どちらかと言うと、肌荒れを起こす人のほうが多くリスクも高まります。
また、妊娠初期には、つわりや貧血などを起こしやすく、体調がとても不安定になります。
ちょっとしたニオイに敏感になり、吐き気を起こしたり、気分が悪くなってしまう人が多いようです。
また、おなかの赤ちゃんに影響はないのか不安なまま脱毛施術を受けることで、精神的なストレスとなり赤ちゃんに影響を与えてしまうかもしれません。
このように、妊娠している時には、いろいろなトラブルが起きやすいので、光脱毛やパーマ、歯の治療などはなるべく避けるようにしましょう。