剃刀での脚の脱毛で気をつけること

脚のムダ毛処理を剃刀で行う場合には、肌トラブルを避けるために適切な方法で行うことがとても重要です。
では、剃刀による自己処理を行う上での注意点は、どのようなものがあるのでしょうか。
脚のムダ毛処理を剃刀で行う場合には、以下のことに注意しなければなりません。
・脱毛箇所が乾いたままでは剃らないようにする
・自己処理をするする間隔を適度にあける
・生理前後には自己処理は行わない
・処理後は、肌の保湿をする
剃刀を使う時には、肌への負担をかけないように、シェービングジェルやクリームなどを必ず使うようにしましょう。
シェービングジェルやクリームなどを塗ることでムダ毛を剃りやすくなり、、肌への刺激が少なくなります。
また、剃刀での自己処理を毎日行ってしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。
剃刀でのムダ毛処理は、1〜2週間に1度程度に間隔をあけて行いましょう。
さらに、生理前後は、ホルモンの影響などで皮膚が敏感になりやすいので、なるべく肌へ刺激を与えないことが大切です。
よって、剃刀での脚の脱毛をする時には、生理後がベストとなります。
剃刀での自己処理後には、肌が乾燥しやすくなるので、しっかりと保湿をしておきましょう。